水・オイル検知センサ

水検知センサ

多くの輸送車両や作業機械に用いられるディーゼルエンジンには、タンク内で発生する水をいち早く感知し、水抜き作業を迅速かつスムーズに行えるように、水検知センサが必要不可欠です。比重精度の高いRIKOの水検知センサは、燃料フィルタ内で常に安定した作動で確実にサポート。輸送車両や作業機械だけでなく、大型船舶やモーターボートのように、常に水にさらされるガソリンエンジンへの採用にも最適です。



構造説明

図のように水センサは、燃料フィルタ下部に搭載され、燃料から分離した水分が溜まった際に、フロートが浮上しセンサが働きます。
図のように水センサは、燃料フィルタ下部に搭載され、燃料から分離した水分が溜まった際に、フロートが浮上しセンサが働きます。
図のように水センサは、燃料フィルタ下部に搭載され、燃料から分離した水分が溜まった際に、フロートが浮上しセンサが働きます。
図のように水センサは、燃料フィルタ下部に搭載され、燃料から分離した水分が溜まった際に、フロートが浮上しセンサが働きます。


製品例

大型エンジン用水検知センサ 船舶用水検知センサ  
大型エンジン用水検知センサ
船舶用水検知センサ
 
●ディーゼルトラック
●バス
●ショベルカー
●電車 等
●クルーザー
●船外機
●マリンジェット 等